歴史上類を見ない少子高齢社会を迎えた日本において、医療・介護・健康サービスはどのように設計されるべきでしょうか。この問題は産官学の最優先課題の一つでありますが、未だ明確な道標は示されておりません。この状況を鑑み、速度を持った具体的な健康医療事業が必要との思いから、法人を設立いたしました。

子どもから高齢者まで、障がいの有無を問わず、「おもてなしの医療」を享受し、「心ゆくまでの健康」を実感し、「朗らかな終末期」を迎える。そのためにできる全ての事を試み、常に精進・挑戦・科学して、喜ばれるサービスをお客様にお届けすることが、弊社の使命であろうと考えております。